バイオマスエキスポ Biomass Expo

 

 

 広く分布するバイオマス資源を有効活用し、バイオマスエネルギー(発電、熱利用、燃料)への変換技術と、堆肥化、飼料化などのマテリアル変換技術などのイノベーションをマーケティングに活用する産業交流展示会です。

 地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とし、経済性を確保し、環境にやさしく災害に強いまちづくりを実現するとともに、地域バイオマス利活用で創出する新産業と地域循環型エネルギーの強化を探ります。

 同時に、官公庁・自治体、産業界、国内外の技術者や研究者を一堂に会して種々の交流の場を設けることで、技術イノベーションによるバイオマスビジネス創出とビジネスチャンスを図っています


Next Biomass Expo

     バイオマスエキスポ2018 秋(11月20日-22日)

       ~バイオマスエネルギーが導く『田園からの産業革命』~


バイオマスエキスポ2018 秋

2018年11月20日(火)~ 11月22日(木) 
会場:東京ビッグサイト (アグロ・イノベーション2018内)

 

同時開催:アグロ・イノベーション2018 http://www.jma.or.jp/ai/ja/index.html
      「アグリ生産資機材展」「スマートアグリ技術展」
      「アグリ加工・流通展」「アグリ・フードビジネス展」
      「農作業負担軽減EXPO」「VegeFruPackTOKYO」「土づくりEXPO」

       ┗農産物の生産から加工、流通、販売用の技術・サービスの総合展
主催:一般社団法人日本能率協会      


バイオマスエキスポフォーラム 2018秋                      【聴講無料】 

              The Biomass Energy-Materials Conference 2018 Fall

                                  会場:東京ビッグサイト西ホール2 トレンドセミナー会場


11月20日(火)

15:00-16:30 バイオマスエキスポフォーラム

    「列島躍動バイオマス活用の方程式~地域活性化最前線!」

「岡山県西粟倉村が取り組む農山村の新しいモデル

          ~林業×ベンチャー×食品加工で地域振興~」

岡山県 西粟倉村 地方創生特任参事  上山 隆浩  氏

 

西粟倉村が取り組む「百年の森林構想」では、村が森林所有者と長期施業管理協定を結び森林の一括管理を進めながら、搬出される木材の付加価値化と村のファンづくりをベンチャーが担っている。この仕組みでは搬出される木材はカスケード的に利用され、ユカハリタイルと呼ばれる内装材の生産から木質バイオマスを活用した公共施設や温泉への熱供給システム、ベン

チャーによるうなぎ養殖への熱利用など新しい産業創造を進めている。

「農研機構における家畜排せつ物の利活用推進の取り組み」

農研機構 九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域 畜産環境・乳牛グループ 主席研究員 田中 章浩 氏

 

堆肥化は家畜排せつ物の主な処理方法ですが、メタン発酵や燃焼との複合処理によって、地域事情に即した処理や利活用を図ることができます。そこで、複合処理による家畜排せつ物の利活用推進の取り組みを紹介します。

「施設栽培×熱供給×売電収入

  ~VOLTER木質バイオマス熱電併給プラントがもたらすアグリビジネス新潮流」

 フォレストエナジー株式会社 代表取締役社長 沼 真吾 氏

 

 

「林業・農業・観光の町づくり

  ~Spanner小型木質バイオマス熱電併給プラント 電気出力45kW~2000kW」

Spanner株式会社 代表取締役社長 O. バルテンシュタイン 氏

 

生きることの基本となる食と職。現代の生活の電気、熱、モビリティ。観光客を魅了しながら現地の日々の暮らしを豊かにする林業・農業・観光の融合。町づくりにバイオマスエネルギー生産と利用を導入した群馬県川場村の成功を紹介します。



バイオマスエキスポ 2018秋  展示会                          出展者一覧はこちら

                                        会場:東京ビッグサイト西ホール2 トレンドセミナー会場 隣接


日本発バイオマス先端技術開発 企業との連携で実績 Pick Up

農研機構 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)     ブース番号 A2-52 

 

 農研機構で行なっているバイオマス研究に関し、木質バイオマスの燃焼前処理技術、貯湯式のハウス暖房 システム、乳牛への堆肥発酵熱の温水変換給与技術等について、パネルおよび実機の展示、紹介。

 国立の農業研究所【農研機構】で開発された施設栽培向け熱供給技術を展示。バイオマス発電プラントと の併用を 想定するボイラーの生産実用化に向けて様々な分野の企業とのコラボレーションの相談を受け  付けます。

 


バイオマス発電・熱供給 稼働実績で信頼の出展企業 Pick Up

フォレストエナジー株式会社                ブース番号 A2-54

 

 木質バイオマス発電プラント

 農業施設栽培に最適のフィンランドVOLTER(小型木質ガス化熱電併給プラント)発電出力40kWから オーストリアSyncraft Engineering、スウェーデンCortus Energy 2,000kWと様々な規模や利用目的に対 応したプラントなど。フォーラムでもアグリビジネス新潮流を解説します。

 売電収入は年間約1200万円から6億3000万円。


スパナー株式会社                        ブース番号 A2-53

 

 木質バイオマス発電プラント

 信頼と実績を誇るドイツSpanner社(小型熱電併給プラント)発電出力35kWから2000KWで

 マンゴーやイチゴのビニールハウスでの熱利用の群馬県での実績をフォーラムでも解説します。

 

 売電収入は年間約1200万円から6億3000万円。

 


FITでの発電収入===>施設栽培利用に最適の安心安全の実績豊富な小型(35kw-2Mw)木質バイオマス熱電併給プラント

                 年間最大稼働時間 8000時間(330日)詳細は展示会場内の各ブースにてお問い合わせください。

小型木質バイオマス熱電併給装置CHP / プラント設計

発電出力Kw

個別/複数連結

熱出力 KW

個別/複数連結

出展者ブース
Volter (フィンランド) 40 100 フォレストエナジー
Spanner RE2 GmbH (ドイツ) 35 - 2000 79 - 4000 Spanner
SYNCRAFT® Engineering GmbH(オーストリア) 400-1600

615-2500

フォレストエナジー
Cortus Energy (スウェーデン) 1998 2300 - 3600 フォレストエナジー


バイオマス燃料 出荷実績で信頼の出展企業 Pick Up

(株)ラピュタインターナショナル               ブース番号 A2-51

 

  バイオマス燃料(PKS)の供給

  木質バイオマス発電プラントの安定稼働に欠かせない、燃料の長期安定供給で東南アジアやアフリカで

  豊富な実績での安心と信頼。

 




バイオマスエキスポ2018 (5/30-6/1、東京ビッグサイト東ホール)

              The Biomass Energy-Materials Conference & Expo 2018

 

 

 

 

 

   来場者数           ※同時開催展からの来場者を含む

5月30日(水)       12,647人(昨年実績:12,735人)

5月31日(木)       14,196人(昨年実績:13,334人)

6月 1日(金)                 14,511人(昨年実績:14,003人)  

      合計        41,354人(昨年実績:40,072人)


バイオマスエキスポフォーラム 2018 (5/30-6/1、東京ビッグサイト東ホール特設会場)

              The Biomass Energy-Materials Conference 2018

 

 

 

 

 

   聴講者数                        

5月30日(水)         1,577人(昨年実績:1,313人)

5月31日(木)         1,200人(昨年実績:1,029人)

6月 1日(金)                   1,492人(昨年実績:1,182人)

      合計          4,269人(昨年実績:3,524人)



バイオマス発電・熱供給 稼働実績で信頼の出展企業 Pick Up

FITでの発電事業===>安心安全の実績豊富な小型(35kw-2Mw)木質バイオマス熱電併給プラントが勢揃い

                 年間最大稼働時間 8000時間(330日)詳細は展示会場内の各ブースにてお問い合わせください。

小型木質バイオマス熱電併給装置CHP / プラント設計

発電出力Kw

個別/複数連結

熱出力 KW

個別/複数連結

出展者ブース
Burkhardt GmbH (ドイツ) 49 - 2000 110 - 2800  三洋貿易
Cortus Energy (スウェーデン) 1998 2300 - 3600 フォレストエナジー
Holzenergie Wegscheid GmbH(ドイツ) 65 - 125 110 - 250 Holzenergie Wegscheid
Spanner RE2 GmbH (ドイツ) 35 - 2000 79 - 4000 Spanner
SYNCRAFT® Engineering GmbH(オーストリア) 400 - 1600 615 - 2500 フォレストエナジー
Volter (フィンランド) 40 100 フォレストエナジー
URBAS Maschinenfabrik GmbH (オーストリア) 250 - 2000 500 - 4000 コーレンス
木質バイオマス発電プラント  2000   トーヨーエネルギーファーム
木質バイオマスガス化発電装置 49 - 1992 65 - 2800 リライト

熱供給ビジネス===>季節や1日の給水暖房需要を感知し自動オンオフ、運転状況の遠隔監視システムの小型高性能ボイラー

               年間生産,6000台の信頼の実績。詳細は展示会場内の各ブースにてお問い合わせください。

小型高品質燃料型高効率バイオマスボイラー / プラント設計

熱出力 KW

出展者ブース
KWB(オーストリア)                                             28-300  WBエナジー                        


バイオマスエキスポフォーラム 2018 【聴講無料】          プログラム一覧はこちら

   バイオマスエネルギー&マテリアルの10テーマを国内外の著名なスピーカーによる充実の31セッション 連日開催 

   バイオマス変換技術イノベーションとマーケティングの両面からバイオマス産業のトレンドを探ります。






Next Biomass Expo


バイオマスエキスポ2018秋出展のご案内(2018年11月20日ー22日、東京ビッグサイト西ホール)

         The Biomass Energy-Materials Conference & Expo 2018 Fall

 同時開催:アグロイノベーション2018(主催:一般社団法人 日本能率協会)

ダウンロード
バイオマスエキスポ2018秋 出展案内
バイオマスエキスポ2018秋_出展案内.pdf
PDFファイル 997.7 KB
ダウンロード
バイオマスエキスポ2018秋 申込書
バイオマスエキスポ2018秋_出展申込書.pdf
PDFファイル 279.3 KB

ダウンロード
アグロイノベーション2017_結果報告書
アグロ2017報告書.pdf
PDFファイル 4.9 MB


バイオマスエキスポ2019 出展のご案内(2019年6月5日ー7日、東京ビッグサイト青海展示棟)

         The Biomass Energy-Materials Conference & Expo 2019

 同時開催:2019棒再産業展 in 東京(主催:日刊工業新聞社)

ダウンロード
バイオマスエキスポ2019 出展案内
出展案内_バイオマスエキスポ2019 防災産業展.pdf
PDFファイル 3.5 MB
ダウンロード
バイオマスエキスポ2019 申込書
申込書_バイオマスエキスポ2019 防災産業展.pdf
PDFファイル 941.6 KB

ダウンロード
2018棒再産業展 バイオマスエキスポ2018_結果報告書
報告書_2018防災産業展 バイオマスエキスポ2018.pdf
PDFファイル 15.6 MB


バイオマスエキスポ2019長野 出展のご案内(2019年8月1日ー3日、 ビッグハット/長野県長野市

         The Biomass Energy-Materials Conference & Expo 2019 Nagano

 同時開催:次世代森林産業展2019  主催:フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)

ダウンロード
バイオマスエキスポ2019長野 出展案内
次世代森林産業展2019 バイオマスエキスポ長野 出展案内.pdf
PDFファイル 2.2 MB
ダウンロード
バイオマスエキスポ2019長野 申込書
次世代森林産業展2019 バイオマスエキスポ長野 申込書.pdf
PDFファイル 662.5 KB

ダウンロード
国際ウッドフェア2017_結果報告書
国際ウッドフェア2017_終了報告書.pdf
PDFファイル 6.8 MB